唯一無二の存在

先日、フィギュアスケートに関するある記事を目にしました。「新ヒロイン三原舞依誕生でも消えない真央の存在感」という記事です。先日行われた四大陸選手権で初出場ながら初優勝を飾った三原選手が活躍しても、フィギュアファンは浅田真央選手の復活を待っているというもの。10年以上もの間トップを走り続けた浅田選手と三原選手を比べるのはちょっと違うなと感じました。そして、その記事に対するコメントが多かったのはそれぞれ唯一無二の存在だということ。
浅田選手には浅田選手の良さ、三原選手には三原選手の良さがあります。浅田選手が若いころ年上の選手を一気に追い抜いていったように世代交代というのは必然的に起こるものです。だけど、成績だけではなく色褪せないものが浅田選手にはあると思っています。まだ引退をしたわけではありませんし、オリンピックに向けて必死に練習していると思います。彼女が納得いくまで、やり切ってもらいたいですしそれをファンは見守っているはずです。