唯一無二の存在

先日、フィギュアスケートに関するある記事を目にしました。「新ヒロイン三原舞依誕生でも消えない真央の存在感」という記事です。先日行われた四大陸選手権で初出場ながら初優勝を飾った三原選手が活躍しても、フィギュアファンは浅田真央選手の復活を待っているというもの。10年以上もの間トップを走り続けた浅田選手と三原選手を比べるのはちょっと違うなと感じました。そして、その記事に対するコメントが多かったのはそれぞれ唯一無二の存在だということ。
浅田選手には浅田選手の良さ、三原選手には三原選手の良さがあります。浅田選手が若いころ年上の選手を一気に追い抜いていったように世代交代というのは必然的に起こるものです。だけど、成績だけではなく色褪せないものが浅田選手にはあると思っています。まだ引退をしたわけではありませんし、オリンピックに向けて必死に練習していると思います。彼女が納得いくまで、やり切ってもらいたいですしそれをファンは見守っているはずです。

警察官との結婚は完全に勝ち組!

警察官は結婚相手としてとても良いと思います。警察官は正しい判断で家庭を守ってくれるというイメージがあります。なぜなら、警察官になる人には正義感があり、善悪の判断ができる人が多いからです。例えば子供を育てるとき、その善悪の判断というのがとても重要になってきます。しっかりした判断ができれば自分自信の感情もコントロールできますし、感情をコントロールすることで子供への接し方も冷静になり正しい教育ができるのではないでしょうか。
あと、もし家庭に危険が及んだとき、警察官は頼りになります。危険を回避する知識を持っていますし守ってくれそうだからです。どんどん世の中は物騒になってきていますし、そういった頼りになる人がそばにいてくれたらとても心強いですよね。
それから、公務員というのもまた魅力の一つだと思います。お給料は安定していて、手当もしっかり入ってくるのは嬉しいことです。将来を考えての貯蓄がしやすく、人生設計も建てやすいのでお金の面でも心配がありません。
街を歩いていても、制服を着た警察官を見ると、安心します。優しそうで、守ってくれそうで、ほっとさせてくれます。
そんな警察官と結婚するのは女性にとって幸せを勝ちとるようなものではないでしょうか。 警察官と結婚することはまさにこんな感じ↓
84c65c748fe7ffcc25dacdccac526f84_s

警察官と結婚したいけど出会いがないという人は下のサイトを参考にしてみるといいでしょう!

http://www.midoriku-syounenyakyu.com/
警察官と出会う方法※警察官と出会いたい女性におすすめの方法

お箸の持ち方

幼稚園の年長組の娘は、なにごとも一生懸命です。できないことは、泣きながらでもやりきろうとします。そんな娘ですが、2才になる前からお箸を持ってご飯を食べていました。教えたわけではなくいつのまにか上手に使って食べるようになりました。
ですが、幼稚園児になって気になるのがお箸の持ち方です。握り箸をしているので、どうしても直したいと思いました。長年の癖を直すのはとても難しいです。「小学生になるまでに直そうよ!お箸の持ち方が悪いと恥ずかしいよ。」と言うと、娘も「がんばる!」と、やる気になりました。
一日一回正しいお箸の持ち方でごはんを食べるというルールを作りました。正しい持ち方をして早速トライです。「できない・・・」いつものようにできなくて泣きながら練習していました。せっかくのご飯の時間なのにやっぱり可哀想で「やめようか?」と聞くと、「やる!」スローペースで毎日続けました。
練習をはじめて3ヶ月。ついに昨日お豆がつまめるくらいになりました。本当に負けず嫌いでがんばった偉い娘です。

起きるフラグ

頭を抱えるオトナ女子

生後2ヶ月の娘はとにかく夜はよく眠るようになりました。まとまって時間も眠るのです。夜の9時からすっと眠ってくれるので、いつも9時からは私の時間です。つい最近まで夜中も4時間ごとの授乳で、寝かしつけに1時間かかっていました。それを知っている旦那は、「娘ちゃん夜中に起きるんでしょ?寝なくていいの?」10時近くまで起きていた私に旦那が心配して言ってきました。「大丈夫だよ!朝まで寝てくれるし!」テレビとお菓子をゆっくりと堪能していました。そして11時まわったころ、また「11時だよ?」と旦那に言われたので、また私は「大丈夫!大丈夫!」11時過ぎまで起きていました。さて、そろそろ寝ようかな。日付が変わる頃に布団に入って1時間後、娘が起きました!えぇ~!ここ一週間朝までぐっすりだったのに~!まるで調子にのっている私をとがめるかのようにタイミングのいい目ざめでした。眠いけれど、寝かしつけなきゃいけないし、赤ちゃんというのはいつも同じじゃないからわからんなぁ。と思いました。今夜は早く寝ます。

弱すぎる身体のせいでかさむ医療費

私は心配性なので、少しでも体調が優れないと感じると、すぐに病院に行っています。先日は、気管支炎と突発性難聴、インフルエンザに立て続けにかかってしまい、心身ともにボロボロでした。

しかも、医療費が1カ月の間に3万円近くかかってしまったのです。一応、仕事はしているものの、小さな子供がいるので、時短勤務をしています。だから、給料もかなり引かれているのです。そんな状況の中、3万円もかかってしまうのは、非常に痛手でした。

日頃から、強い体を作らなければと思い、運動を始めました。また、栄養バランスのとれた食事を心掛けるため、1日30品目を目指して色々と作るようにしています。これで、少しは病院と縁が切れることを願っています。

毎日の生活で感じること

私は子育てをしているので、時々ワクチンなどで小児科に行きます。いくつかの小児科に行きましたが、それぞれ特徴がありました。医師やナースの感じもありますが、受付事務員の人の対応も気になります。受付事務員の人ともいろいろ会話することもあるので、感じが良いと、また通いたくなります。病院の規模もそれぞれなので、状況に応じて病院選びをしようと思います。うちには1歳の娘がいるので、毎日娘の食事作りをします。出来た料理をみじん切りにして、娘にあげます。まだ食べるスピードもゆっくりなので、食べさせるのにも一苦労です。でもいろいろな食材を使った料理を食べてくれると嬉しいです。これからもいろいろな料理を食べてもらいたいです。私は、よく卵焼きを作ります。中に入れる具を変えたりもします。なかなか綺麗に出来ないのですが、先日小さなフライパンで焼いてみたら綺麗にできました。これからも、綺麗な卵焼きを作るように練習したいです。